腎臓病を食事で改善【優しさ溢れる制限食】

介護

サービスを選ぶ時の注意点

医者

普段の食事を作るのは大変です。なぜなら、メニューや栄養のバランスを考えていかないといけないからです。その食事であるサービスが肝臓病食であり、これは肝臓病を考えてのメニューで、または違った方法で利用出来ます。

詳しくはこちら

Associated Link

  • 腎臓病食の宅配業者ガイド

    腎臓病食は宅配専門の業者を頼りましょう。塩分控えめで腎臓病に相応しい調理方法を採用していますのでとっても安心です。

健康を意識して食べられる

男女

健康宅配は栄養を口から摂る事を目的としたものであり、健康管理が難しい人でも利用をおすすめ出来るものです。健康を意識しなくても、栄養士がきちんと考えてくれるのも人気の点なのです。更に違うメニューを食べられるのも健康宅配を楽しめる理由です。

詳しくはこちら

肥満治療には宅配食の活用

笑顔

肥満になるとカロリー制限と栄養バランスを重視した献立の栄養療法が必要になります。その実現には宅配食サービスが有用です。近年ではメニューのバリエーションも豊富であり、気軽に栄養療法を実現していくことができます。

詳しくはこちら

低タンパク質食の動向

看護師

低タンパク質食の今後

腎臓病を持ってしまうとその機能低下によって食事に制限を加えなければならなくなることもあります。腎臓十分に機能しなくなった際に最も問題になるのがタンパク質であり、摂り過ぎると血液中のアンモニア濃度が上がってしまって意識喪失を起こす場合もあるからです。そのため、タンパク質を減らした食事をするというのが腎臓病患者では典型的ですが、あまり不足してしまうと別の原因で体調が悪化していきます。その適切な所要量を簡単に摂取できるようにタンパク質の量をコントロールした食事が手軽に変えるようになるのが今後のトレンドとなるでしょう。宅配食はすでにサービスとして行われていますが、腎臓病の原因となる糖尿病患者の増加につれてスーパーなどでも販売されていくと予想されます。

低タンパク質食弁当の特徴

低タンパク質食は現在では宅配食によって手に入れたり、病院の食堂で食べたりすることができます。しかし、一般家庭で準備することは大変であることから、腎臓病患者が増えるにつれてより手軽に食事を準備したいということが増えるでしょう。スーパーやコンビニなどの弁当でも低タンパク質食が提供されるようになることで、いつでも手軽に購入することができるようになります。宅配食の申し込みのように手続きを必要とすることなく、いつでも必要なときに買いに行けば手に入るという状況ができるのがこういったサービスの特徴です。病院などではしばしば低タンパク質弁当も販売されていることから、この事業が拡大されることで実現されていくでしょう。